〔ミックス10〕著作権の確認

更新日:2020年8月16日

ミックスと関係ない話じゃん!と言われるかもしれませんが、私は依頼を受けるたびに必ず音源の著作権を確認しているのでもはやミックスの一部です…


著作権を侵害して歌ってみたを投稿するのはもちろんダメですが、著作権を侵害してミックスするのも気分が良いものではないので、

歌い手さんにもミックス師さんにも知っておいていただきたい内容になります。


分かりやすいようにチャートを作ってみました!


このチャートをもとに著作権の確認をしてくださるとありがたいです。


(追記8/16)オリジナルのOff Vocalが語弊をうむ表現でした。原曲ではなく、自作のOff Vocalという意味です。


「著作者(主に作曲者)が歌ってみたでの使用を許可している。」

これは著作者のホームページや動画の概要欄、SNS、Read Me等を確認すると大体分かります。どうしても分からないときは直接問い合わせていいと思います。本家の動画でOff Vocalが配布、頒布されている場合は、基本的に歌ってみたのために用意されていることが多いので歌ってみたに使うことができる場合がほとんどです。


「著作権管理団体(JASRACやNextone等)が配信を管理している。」

これは検索すれば分かります。JASRACならJ-WID、Nextoneなら作品検索データベースで曲名等を打ち込みます。配信(インターネット上での利用)を管理しているかどうか表示されますので確認してください。



余談です。よくニコカラを使っている方がいますが、厳密には違法転載なのであまりお勧めしません…さらに言うとニコカラは投稿時に動画投稿サイトによって再エンコードされてるので、音質が微妙に変わってしまっています。一番高音質で法的にも問題のない本家のOff Vocalを使いましょう!


私が作曲者でもあるからこそ大切にしている著作権のお話でした。

68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示