〔作曲11〕ユーロビートのヒット

「デン!」という音や「ギュン!」という音がヒットです。身近な例ですと、「問題です。デデン!」のあのデデン!です。


最近の曲ではあまり使われない、時代遅れな音色と思われるかもしれませんが、

ユーロビートには必須の音で曲にアクセントを与える重要な役割があります。

私の好きなヒット音


1、デン


2、ギュン


3、和音


1、デン

使用楽曲:ルカルカ★ナイトフィーバー、CAN’T UNDO THIS!!、Try Me

一番よく使われているヒットで、一般的な音色です。ユーロビートのうち半分以上はこのタイプのヒットだと思います。曲によって音色や長さは少し違いますが、アタックが強く歯切れがよいのが特徴です。

私がユーロビートを作るときも基本このタイプのヒットを使います。JUNO-DSというシンセサイザーのOrchestraHitとMix Hit 2を愛用しています。


2、ギュン

使用楽曲:U.S.A.

なかなか癖のあるヒットで、使いどころがちょっと難しい音色です。アタックはそれほど強くないのですが、瞬間的にグリッサンドするためインパクトが強いのだと思います。まるで引っ張られるような力強さを持つヒットです。

ユーロバカ一代さんのEurobeat Add-On Sound Gear Version 0.5に収録されたHit 1st 3 Cの音色です。


3、和音

使用楽曲:Tora Tora Tora、Runnning in The 90's

このヒットを使いこなせる人は、職人か変態かのどちらかだと思います。ヒット音が3度下でハモるのがデフォルトです。意味が分かりません。

私も何回も使ってみようと挑戦しましたが、不自然極まりない楽曲にしかなりませんでした。ただ、使いどころが難しいからこそ挑戦したくなるんですよね…


以上、おおざっぱにヒット音について書きました。基本的に悩んだときは「デン」を使えばいいと思います。ウナウナ★ダイナミックナイトでも3種類とも試しましたが、結局「デン」になりました。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示